結婚と子供トーク

子供の塾の選び方

Fashion Template人生設計において結婚と子供の問題は最も重要な問題です。結婚は当事者二人で思い描く目標に向かって努力次第で目標達成は可能なことが多いでしょう。しかし、子供の問題となると話が違います。
子どもの問題で特にに大きいのが教育です。子どもの少子化も影響し小さいころから多くの習い事をさせる親が増えています。そして学習面でも早い子供では幼稚園受験の為に通います。しかし幼稚園受験用の塾というのは一般的な塾の概念と違い、勉強というよりは集団生活を送るうえでの基本的な知識や行動、どの程度の運動能力があるかなどが主な焦点になります。
最も一般的な塾と言えば中学受験もしくは高校受験用の塾です。昔は塾というと学校のように先生一人に何人もの生徒たちが教わったものですが最近は一対一もしくは生徒二人に対して先生が一人などの個別指導方式が大変増えています。学校の授業では解らない点があってもなかなか手を挙げて質問しにくいが塾ではまわりの目を気にせずに教えてもらえる点が人気となり増えてきています。一方でいわゆる難関校などへ受験する子供で競いながら学習能力をさらに引き上げるような集団方式の塾も根強い人気です。
それぞれの塾では先生も優しくほめて伸ばすタイプと叱咤激励し闘争心に火をつけて頑張らせるタイプと様々です。大事なのは塾の知名度などではなくあくまでも自分の子供の性格にどちらがあっているかです。

注目の関連情報

犬の洋服

子供のお受験事情

Fashion Template結婚と子供というのは、人生においてもきわめて難しい事項です。特に子供のお受験事情というのは、最近ではかなり深いものになってきているのです。

幼稚園に入園するときからすでに受験、というものは存在していますし、このとき子供に受験という概念など有りませんので、決めるのはほぼ親となります。また小中学校と義務教育の段階でも受験はあります。自分の意思と関係なく親が決めてしまい受験する、ということが最近は多いです。しかし親も子供に立派になってほしい、という思いがあることからこうした行動をとっています。また高校も含めて、これ以上将来受験したくない、ということから一貫校を受験する人も少なくありません。一度小学校に入学すれば大学までエスカレーターで進学できる、というものです。これからわかるように安定志向が子供の受験には強く見られます。特に結婚し子供ができると親というものは自分より良い学校に行ってほしい、という思いが強くなります。結婚までは夫婦ですが、子供ができるとお父さん、お母さんと考える人もいるため、子供を最優先に考えるようになるからです。子供がお受験するからといって子供の事情だけではなく、親の意思もはたらいていることが事実です。